So-net無料ブログ作成

『遊星からの物体X』 ★★★★★ ジョン・カーペンター監督作品の中でもイチオシ!  [映画:ホラー・ミステリー・サスペンス]

これぞB級SFホラーアクションの一級品?!
「物体X」そのものよりも、緊迫した心理戦がドキドキ怖い!


遊星からの物体X ― コレクターズ・エディション 遊星からの物体X ― コレクターズ・エディション 
■STAFF■ 
監督:ジョン・カーペンター
音楽:エンニオ・モリコーネ
■CAST■
マクレディ:カート・ラッセル
ブレア:ウィルフォード・ブリムリー
チャイルズ:キース・デイヴィッド

story  
 ここは、一面氷に閉ざされた世界、南極。
 ある日、アメリカ南極観測隊の基地の隊員達の耳に、ヘリのローターと発砲の音が届いた。
 何事かと見ると、何故かヘリの乗員は、逃げる一匹の観測犬を必死で狙撃している。
 ヘリは着陸し、追手はベース内に逃げ込んで来た犬めがけ、なおも発砲し続ける。
 その弾がアメリカ隊員に当たっても止めないために、彼らは理由も分からぬまま応戦し、やむなく追手を射殺してしまった。
 死亡した男はノルウェーの観測隊員だと分かった。
 「なぜこの犬を?」・・・尋常でなかったその様子の謎を解明すべく、連絡の取れないノルウェー隊基地へと赴いたマクレディ達が見たものは、何かに襲撃されたかのような建物と、その周りに無残に転がる隊員達の死体という全滅の事態だった。
 そして調査のために、人間とも思えぬ形に変形した異様な焼死体と、ノルウェー隊の作業の記録フィルムを持ち帰ったのだが・・・続きを読む

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『日出処の天子』(第1巻)~(第7巻) 作:山岸凉子 ★★★★★ [コミック:全般]

なんて美しく、なんて残酷で、なんて悲愴な。。。。
読後、すぐには現実の世界に戻れないような感動に、
何度も何度もページをめくり、また読み返さずにはいられない


日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 作者: 山岸 凉子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 文庫
日出処の天子 (第1巻)~(第7巻)       山岸凉子       
日出処の天子 (第2巻)       日出処の天子 (第3巻)     日出処の天子 (第4巻)
日出処の天子 (第5巻)       日出処の天子 (第6巻)     日出処の天子 (第7巻)

天皇を中心とする国家創建の理想を貫くために、
様々な権謀術数を駆使した権力闘争の中に身をおく厩戸王子(うまやどのおうじ)。
周りからは、沈着冷静、頭脳明晰、完全無欠と見られている彼だったが、
常人とは異質な能力や性質によりもたらされる深い孤独を抱え、
その心の奥底には果てしない苦悩の闇が広がっていた。
そんな厩戸王子にとり、唯一無二の存在となっていく蘇我毛人(そがのえみし)であったが。。。。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『異界録』『壷中天』『鬼市』『燕見鬼』 作:諸星大二郎 ★★★★★ [コミック:ホラー・ミステリー・サスペンス]

一度はまったらもう抜けられない諸星ワールド!!
不思議で不気味でオモシロイw



諸怪志異 シリーズ        諸星大二郎
   諸怪志異 (1) 異界録 アクションコミックス        諸怪志異 (2) 壺中天 アクションコミックス
   諸怪志異 (3) 鬼市 アクションコミックス         諸界志異 (4) 燕見鬼 アクションコミックス      

 異界からの来訪者を見破る目をもつ少年「阿鬼」。
 師である「五行先生」とともに 破魔の旅を続けるが。。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『殺しのドレス』 ★★★★☆ さすが巨匠!巧みな心理描写が印象的なサイコ・スリラー! [映画:ホラー・ミステリー・サスペンス]

これは「怖くない」か「怖い」か、恐怖度の評価が分かれるかも
でも、映画の出来として総合的に見たなら、私はかなり好きな作品です


殺しのドレス (2枚組特別編) 殺しのドレス
■STAFF■ 
監督・脚本:ブライアン・デ・パルマ
撮影:ラルフ・ボード
■CAST■
ロバート・エリオット:マイケル・ケイン
ケイト・ミラー:アンジー・ディッキンソン
リズ・ブレイク:ナンシー・アレン

story
 性への欲求に悩まされていた人妻のケイト。
 美術館で出会った男性と行きずりの情事を楽しんだ帰りに、金髪の女に剃刀でメッタ切りにされて殺されてしまう。
 それを偶然目撃してしまった娼婦のリズは、ケイトの息子と事件の謎を追うことになるが、今度は彼女に、執拗に付け狙う殺人鬼の影が迫る・・・。
 そして最後に明らかになる、驚愕の犯人の正体!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『黒い家』 作:貴志祐介 ★★★★★ 第4回日本ホラー小説大賞受賞作品 [本:ホラー・ミステリー・サスペンス]

人間の怖ろしさを思い知らせてくれる傑作サイコ・サスペンス 

黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 文庫
黒い家     貴志祐介

  恐怖の連続、桁外れのサスペンス
  読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編
                            (カバー裏面コピーより)

 

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ビデオドローム』 ★★★☆☆ ディスクの時代になってもこの悪夢は終わらない [映画:ホラー・ミステリー・サスペンス]

このおぞましさは幻覚か?それとも現実か?
禁断のビデオに囚われてしまったのは、観ているあなたなのかもしれない!


ビデオドローム [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)

ビデオドローム
■STAFF■
監督: デヴィッド・クローネンバーグ
特殊メイク効果デザイナー: リック・ベイカー
■CAST■
マックス: ジェームズ・ウッズ
ニッキー: デボラ・ハリー


 
 1982年製作のこの映画のストーリーに欠かせないキー・ツールは、「ビデオ(テープ)」。
 ディスクが主流の昨今では、「・・・ビデオ?」なんて少々時代遅れのように思う向きもあるかも。
 (だって、この映画のジャンルは「SFホラー」らしいですから。)

 でも、古い新しいにかかわらず、この「ビデオ」というところがミソのようにも思えます。
 クローネンバーグ 監督独特の、グロテスクで、ある種卑猥とも言えるシュールな表現が創造する世界にマッチしているような。
 (以下、一部描写についてのネタバレがありますのでご注意ください。)

続きを読む


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『源平紅雪綺譚』 作:大竹直子 ★★★★★ [コミック:全般]

あの歴史ロマンの名作コミックが復刊!

源平紅雪綺譚

源平紅雪綺譚

  • 作者: 大竹 直子
  • 出版社/メーカー: 小池書院
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本
源平紅雪綺譚     大竹直子

源氏と平家。
命がけの闘いのさなか、その運命を受け容れながらも惹かれ合う男たち。

・・・・・
「男たち」というより、人と人、かな?


 (以降ストーリーそのものに言及する箇所があります。)

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。