So-net無料ブログ作成

『異界録』『壷中天』『鬼市』『燕見鬼』 作:諸星大二郎 ★★★★★ [コミック:ホラー・ミステリー・サスペンス]

一度はまったらもう抜けられない諸星ワールド!!
不思議で不気味でオモシロイw



諸怪志異 シリーズ        諸星大二郎
   諸怪志異 (1) 異界録 アクションコミックス        諸怪志異 (2) 壺中天 アクションコミックス
   諸怪志異 (3) 鬼市 アクションコミックス         諸界志異 (4) 燕見鬼 アクションコミックス      

 異界からの来訪者を見破る目をもつ少年「阿鬼」。
 師である「五行先生」とともに 破魔の旅を続けるが。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回は、私が大好きな 諸星大二郎 の作品の中で、 「諸怪志異」シリーズ『異界録』『壺中天』『鬼市』『燕見鬼』 のご紹介です。
 その画風作風は 幻想的で摩訶不思議、ダークでシュールで、かの手塚治虫からも「天才」と絶賛されたように、誰にも真似できない独特な異空間を創造しています。
 また、作品の年代にもよるとは思いますが、トーンを多用せず、描き込みに徹しているところも、マニアックに楽しめます。

 このシリーズは、作者本人も述べているように 中国古典の『聊斎志異』 を意識して描かれたということで、一頃の香港映画で流行ったような「アクション伝奇ロマン」的な要素とともに、「ぞわぞわと背中を這い上がる恐怖」的な要素とがうまくブレンドされており、『西遊妖猿伝』 と並んで私の中では諸星作品の双璧を成しています。
 基本は一話完結形式なので、まとまりが良くて読みやすいです。
 惜しむらくは、物語の大きな筋が未完であること。(作者の頭の中では、もしかしたらコレで完結しているのかもしれないですが、あの『犬夜叉』でさえ完結したのだから、諸星先生にも頑張ってなんとか仕上げて頂きたいです~;)
 初めて第4巻を読み終わったときは、暫し気が抜けて「え?ウソっっ」てな状態でしたw 
 でも諸星作品未体験の人は、こんなコミックがあったのか!ときっと思われて、時間の経つのも忘れてのめり込まれることでしょう[exclamation]

[この記事は2007/09/26 に楽天ブログにて公開したものを一部変更・編集したものです。]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。